「免疫力」と「体温」



今日は気温が一段と下がり、

逗子も朝から冷たい雨が降っています。

都内を中心に外出を控えるよう伝えられていますが、

このページでは家でできるコロナウイルス対策をお伝えします。


コロナウイルスに罹らないようにするために

私たちができることはとにかく予防です。

マスク、手洗いはもちろんの事ですが、

実は「体温」が免疫力と関わっているので、

意識的に体温をあげておけば

コロナウイルスに掛かるリスクも減ってきます。


体温が1度下がるだけで免疫力は30%も低下します。

逆に体温が1度上がるだけで免疫力は最大50%も上昇するのです!


そこで、

体温を上げるためにご自宅で出来るのは、

温かい物を飲む、や、入浴以外にも

「ペットボトル温灸」がおすすめです。



***作り方


①耐熱のペットボトルにお湯と水を2:1の割合で入れる。


②ペットボトルの変形を防ぐために、先に水から入れる。



使い方は簡単で、

ペットボトルの蓋の部分を持って、

底の部分をお臍の上に置きます。

体の中で一番大きな血管はお腹にあるため

その血管付近を温める事ができれば、

血液が循環していくうちに体温が上がってきます。


ペットボトル温灸を使えば、

首の後ろや、足の裏も簡単に温めることもできますよ!


***POINT

「温かい」から「熱い」に変わったら温める場所を移してください。


簡単にできますので、

ぜひご自宅で試してみてくださいね!

29回の閲覧