二十四節気 白露・秋分について


今の時期は、二十四節気では白露にあたります。

白露とは、夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿りはじめるころ。降りた露は光り、白い粒のように見えます。日中の暑さも和らぎはじめ、だんだんと秋の気配が深まっていきます。また、「白」という字が使われていますが、東洋医学で白は秋の色とされています。

白露の次は、昼夜の長さがほぼ同じになり、秋の夜長に向かう秋分となります。秋分の日を中心とした1週間が秋のお彼岸です。

そしてこの時期は季節の変わり目、陽から陰のエネルギーへ切り替わっていく期間です。身体的にもエネルギー的にも変化が起こる時です。呼吸をゆっくりして気持ちを穏やかにし、瞑想をする時間をとってみるのもいいかもしれません。

また、夏の暑さも和らぎようやく涼しくなってきたにも関わらず、身体がだるい、疲れやすい、よく眠れない、胃がもたれるなどの不調が続くこともあります。原因としては夏の間の冷房や冷たいものの取りすぎにより自律神経が乱れているのに加えて、秋の朝昼夜の寒暖差や長雨などの低気圧の影響があります。

自律神経の乱れとそれによる血液の巡りが悪くなることが原因なので、すこし温めの湯船に浸かったり、軽めの運動をしたりすると自律神経の機能が回復してきます。更にビタミンの豊富な食べ物(豚肉や納豆などがおすすめ)や、旬の食材(さつまいも、かぼちゃ、さんま、栗など)を食べるのもおすすめです。

NOLASAPSでは鍼やボディスパで自律神経を整えることができます。暑い夏を乗り切った身体を労って、実り多い秋を快適に楽しく過ごしましょう!

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示