NOLASAPS×酵素


腸内フローラという言葉を聞いたことがありますか? 


人間の体の中には100兆個にも及ぶ細菌、微生物がいて、その大半が腸に存在しています。顕微鏡で覗くとまるで町内に咲くお花畑のように見えることから腸内フローラ(花畑)と名付けられました。


では、存在している菌のどれもが私たちにとって良い影響をもたらしてくれるかというと、そうではありません。腸内のタンパク質を腐敗させ、有害な物質を作り出してしまう悪玉菌や、状況に応じて良い働きも悪い働きもする日和見菌がいて、良い働きをする善玉菌は全体の数割しかいないのです。腸内細菌のベストバランスは、善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1です。もし善玉菌がきちんと栄養されておらず活動が弱まってしまったら、悪玉菌が増えて、日和見菌もそれにつられて悪い働きをするようになってしまうとみるみるうちに体調を崩してしまうでしょう。


それでは、善玉菌を増やして活性化させていくにはどうすれば良いのかというと、規則正しい食生活、睡眠、栄養バランスの取れた食事、適度な運動などなど・・・・。分かってはいるけど様々な理由で出来ない、という方の方が多いと思います。そこでおすすめなのが「酵素」を取り入れて腸内フローラを改善させる方法です。NOLASAPSで取り扱っている2つの「酵素」をご紹介します。



①マクロビオティック酵素

「配合の奇跡」と称されているこの酵素はチューブ型に小分けされているので、持ち運びにも便利です。保存料、人工甘味料などはもちろん入っておらず、素材のみを独自の製法で融合させ8年熟成させたものが、このマクロビオティック酵素です。熱しても大丈夫なのでお料理に入れることも出来ます。食べることで不調を治すのではなく、食べないことで治すことが当たり前になってきている今、食事をこの酵素に置き換えることから始めてみるのもいいかもしれません。


ANBジャパン株式会社

https://anbjapan.com/




②MOEGI酵素ドリンク


酵素がいいのは分かるけど、味に馴染めない、、。という方やマクロビオティック酵素に加えてさらに腸内フローラを良くしたい!という方、またはお子さんにも飲ませたい、という方にはこちらの酵素ドリンクもおすすめです。お水に混ぜて常備しておいてもよし、水筒などに入れて持ち歩くのも良いでしょう。酵素を日常に取り入れることで、肌荒れ、便秘などはもちろんその他不調の改善も期待できます。なぜなら腸こそがその人の体調を握っているからです。


(以下、HPより抜粋)

酵素ドリンクは発酵させることで、野菜や果物そのものを凝縮させ出来上がります。しかし、通常の酵素ドリンクは、酸味が強く濃厚なため一般的に美味しくなかったりすることが多いことが継続的に続けるための課題だと思いました。また、人の健康を考える上で、飲みやすくするために人口甘味料などを使用することは、私たちが考える自然のみで生まれた100%オーガニックドリンクを実現することができません。私たちは、100%のオーガニックであり、さらに飲みやすく、健康をより促進させることができる方法として、ブルーベリーといちごの2種類を試しました。100%オーガニックで作るための酵素、さらにより飲みやすくするための果物を発酵させるためには、通常の工程よりも多くの時間がかかります。私たちは、その大変希少性の高い酵素をようやく完成させました。それが、MOEGIです。


株式会社萌木

https://moegi.tokyo/product/strawberry/



どちらも好評発売中です!

試食、試飲も行っておりますので、

ぜひぜひお試しください😃

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示